金貨が買える店舗

金貨金貨は小さく扱いやすいうえ、値段も手ごろなことから私たち一般市民も購入しやすい利点があります。でもどこで売っているのかあまりオープンではない印象を受けてしまいがちですが、意外と身近な場所で購入することができるのです。

たとえば、金融街であれば証券会社がひしめきあっていますよね。そのような場所に金貨・銀貨・プラチナを扱う販売所が必ず数店舗あります。それに購入する際にも保証書が付いているので安心できますね。

金貨は売買する方も多いので、金貨そのものにキズが付いていないか、自分でも確認してみましょう。また、購入後もプラスチック製の入れ物などに入っていますので、手で直にさわってみたり、落としたりしないように気をつけましょう。

キズが付いてしまえば、自分が手放そうとした際に買取りを拒否する業者もいます。そうすれば、金貨の価値は一気に下がってしまうので資産価値として持っていても意味を成さなくなってしまうでしょう。しっかりとした箱つきの金貨を販売しているところもありますので、今後の保管のためにも確認しておくと良いでしょいう。

そして金貨は、ゴールドバーである金地金よりも割高になることを知っておいてください。相場もありますが、おおよそ1gあたり5000円前後で取引されていますが、金貨であれば平均500円は高く取引されます。

デザイン性も高い金貨は見ていても飽きずに楽しむことができますが、小さい分紛失しやすく、キズつきやすいという点があることも念頭において購入を考えてください

金貨の選び方

金貨であれば、グラム数もあまりないので、それほど高額ではないかもしれませんよね。しかし、金も毎日の相場変動がつきものです。相場商品ですので購入する日を見極めなければ、損してしまうことだってあります

金貨それでは金貨を買うためのポイントとはいったい何でしょうか?まず一番重要な点は、純度です。金の延べ棒とも呼ばれているゴールドバーは、金地金というのが国内での正式名称ですが、この延べ棒の表面には、ブランド商標名・重量・番号・品位などの表示が必ず記載されています。そして純度の99.99%と書いてあるものが本物と言われています。

そして金貨についても同様のことが言えますが、単位はオンスが使用されています。1ozが31.1035gだとされていて、世界中で取引されている金貨の種類4種類、1/10oz・1/4oz・1/2oz・1ozになります。ただし、国によっては1㎏もする金貨が販売されているケースもあります。

また、金貨の大きな特徴としては、収集型と呼ばれるもので、発行国により毎年デザインが変わったりすることで、付加価値が上がるものもあり、少額から購入することができるので年に1枚ずつ買うという方も大勢いらっしゃるようです。

金貨そのものは、小さいサイズですので自宅内での保管でも扱いやすいと言われています。逆にゴールドバーであれば、かなりの重量になるので持ち運びという点から考えるといざという時に置いていかねばならず、銀行の貸金庫にしまうという手立てを考えなければいけません。

金貨を手に入れたい場合

金の延べ棒なんて、映画やドラマの世界でしか見たことないし、自分で欲しいとおもってもどこで手に入れればいいのか分からないですよね。それに金だから、かなりの高値で取引されているだろうし、庶民の私ではそう簡単に買えるものじゃないと決めつけていませんか?このサイトでは、金を買うためにはどうすればいいのか、金貨ならば買いやすいのではないかなど探ってみたいとおもいます。

企業の株と同じように、金や銀も世界中の人達が取引をしています。毎日の相場価格も変動がありますし、手放すタイミングを間違えれば大損することも多々あります。株と同じならば、手出しするのは難しいことだし、損したくないなと思う方も大勢いるはずですが、以外にも金は簡単に手に入ることをご存知でしょうか?

王の顔の金貨海外旅行に行った先で、その国の国王や女王様、誰もが知っている有名な植物などが印字されている金貨が販売されているのを見聞きしたことがある人も多いとおもいます。団体旅行であれば、金貨の説明とともに販売所まで案内される場合もあり、観光地でも街中のお店で簡単に購入することができるのです。旅行した記念に1枚くらいは買っておこうかな思う人も多いようですので、身近に金貨を持っているお友達がいるかもしれませんよね。

海外の観光地で簡単に買うことのできる金貨ですが、日本国内ではどのような場所で販売されているのでしょうか?やっぱり店頭に行かなければ買えないのか、あるいはインターネットでも購入できるのか、まずこの段階でつまずいてしまいそうですね。